《自動化》『Automator』でアプリケーションをショートカットで起動できるようにする方法

毎回同じアプリを起動するのは面倒ですよね。

最近私のMacの動作がもっさりするようになったので、『アクティビティモニタ』を使ってCPU使用量を調べていますが、Dockにおいていないので、Launchpadから探すか、Spotlight検索をしてアプリを見つける必要があります。

音無
毎回同じアプリを起動するの面倒くさい

もっと楽にアプリを起動する方法はないかな・・・

なんて思っているそこのアナタ!実はMacにはアプリを自動で起動できるようにする機能があるんです

プログラミングの難しいコードを入力する必要もなし!

今回はMac標準搭載ソフト『Automator』を使って『アクティビティモニタ』をキーボードショートカットで起動できるようにしたいと思います。

こんな方に読んでほしい!
  • ショートカットでアプリを起動したい
  • Macの自動化に興味がある

 

『Automator』とは

 

『Automator』は、簡単な作業を自動化するワークフロー構築ソフトウェアです。例えば、

 

  • 複数の画像をリサイズする
  • ファイル名を全て小文字にする
  • 起動後、自動的に任意のアプリを立ち上げる など

 

上記を始め、コードを入力せずに簡単にプログラムを組むことができるアプリです。

 

自動的にアプリを立ち上げる方法

 

今回は『アクティビティモニタ』を起動させるショートカットを作りたいと思います。

1.『Automator』を起動します。

2.新規を選択し、サービスを選択します。





3.左上にある検索ボックスから『アプリケーションを起動』を選択しドラッグアンドドロップをして、チェックボックスは『アクティビティモニタ』を選択します。

4.右上の”サービス”は、次の項目を受け付けますを『入力なし』検索対象を『すべてのアプリケーション』を選択します。

5.ファイル名『アクティビティモニタ』保存して、『システム環境設定』を起動し、キーボード→ショートカット→サービスを選択し、一般から『アクティビティモニタ』を選択します。

6.ショートカットを追加をクリックし、任意のショートカットを入力します。


ちなみに私はCtrl+option+cmd+Aにしました。

最後に

 

動きました?

 

今回はアプリ起動ショートカットを作成しました。

いつも繰り返し行なっている作業を自動化簡略化すれば、一回の作業での節約時間が大幅に上がり、繰り返し作業のストレスの軽減にもなります

実際に操作してもらってわかるように、多くのツールがありますので、ぜひ試してみてください。



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事