こんにちは音無です。パソコンのバックアップって大切ですよね。先日Macの不調でAppleに問い合わせた時に最悪データの初期化される可能性ああると言われ、バックアップの必要性を痛感しました。今回新しくHDDとHDDケースを購入したのでMacのHDDフォーマットとMacのバックアップソフトウェア『Time Machine』の使い方を説明します。

HDDのフォーマット

大半のHDDはWindows用のフォーマットで販売されているため、このまま接続しても読み込むことができません。なのでMacで使えるようフォーマットをする必要があります。

1.HDDを接続して『ディスクユーティリティ』アプリを起動

2.接続したHDDを選択し、消去

『Time Machine』バックアップ

Mac標準バックアップ機能として『TimeMachine』があります。この機能は、Macのファイルを始め、設定やOSごとバックアップできるシステムです。自動的にバックアップされるので、面倒くさがりの方でも楽々バックアップできます。

1.システム環境設定から『Time Machine』を選択

2.バックアップディスクを選択をクリック

3.バックアップするHDDを選択

あとは自動的にバックアップが始まります。

最後に

いかがでしょうか。パソコンっていつデータが消えるかわからないですよね。万が一の備えとしてバックアップは必須です。記事の通り、言うほど設定が難しいわけではないので日頃の備えとしてバックアップを取ることを強くお勧めします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事