Mac上のiOSバックアップデータの保存先を外付けHDDにする方法

音無です。iOSバックアップのおまけ記事です。


iOSのバックアップ先は本体ストレージと決まっています。でも、本体のストレージはあまり使いたくないですよね。

そこで今回はバックアップデータの保存先を外付けHDDに変更したいと思います。

 ターミナルを使うので、あくまで自己責任でお願いします。
もし当ページを見て設定後、Macに異常をきたすようになった場合、プライバシーポリシーに則り、当方は関知致しませんのでご理解願います。

方法





システム上は本体に保存するようになっているため、バックアップ先の変更にはターミナルを使用し、シンボリックリンクを作成する必要があります。

シンボリックリンクを使うと、別のフォルダやファイルへのリンクを作成することができます。

1.Backupフォルダをコピーする

1.Finderから移動をクリックし、optionを押しながらライブラリを選択します。

そしてApplication Support→MobileSync→Backupに移動し、Backupフォルダをコピーし、元のフォルダは削除してください。

2.外付けHDDにフォルダを貼り付ける




バックアップに使う外付けHDDにコピーしたBackupフォルダをペースとしてください。

3.ターミナルを起動し、以下のコマンドを入力する

入力するコマンド
ln -s /Volumes/backup先のディスク/Backup /Users/ユーザ名/Library/Application\ Support/MobileSync


シンボリックリンクが作成されました。



実際にバックアップをしたところ、間違いなく外付けHDDに保存されており、バックアップした際、データは外付けHDDに保存されました。

最後に

いかがでしたでしょうか。

Macのバックアップのために買った外付けHDD、容量に余裕があるのでしたら、試してみてもいいかもしれません。

ただし、ターミナルの操作を誤るとPCが起動しなくなることがあるので(有名なrm-rfコマンド)あくまで自己責任でお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事