こんにちは音無です。以前『サクラエディタ』を使ってMacで編集したTXTファイルをWindowsで改行させて表示させる方法を説明しました。ですがこの方法はWindowsがMacに合わせる方法なので、Windowsが主流の現代社会にはあまりそぐわないかもしれません。そこで今回は、Mac用テキストエディタ『CotEditor』を使ってMacがWindowsにフォーマットを合わせる形で、WindowsでMacの文章を改行させて読む方法を説明します。

 

どうして一列で表示されるのか

 

Macのテキストエディタで編集したTXTファイルをWindowsのメモ帳で開くと改行されずに一列になって表示されます。

コンピュータ上で改行をする際にそれを制御するコード 通称改行コードがあります。Macの文章がWindowsで改行されないのは、この改行コードが2つのOSで違うのが原因です。

WinowsではCR+LFという形式のコードが使われており、一方でMac始めUNIX系OS(Linuxなど)はLFという形式のコードが使われています。この形式の違いによって、改行されない問題が発生しています。(*管理人は専門家ではないので、詳しく知りたければ他の方のHP等をご覧ください。)

 

『CotEditor』で解決

 



CotEditor

『CotEditor』は『サクラエディタ』と同じくプログラム記述に長けたソフトで、文字コード変更、アウトライン機能、ファイル分割表示機能、そして改行コード変更機能などの機能が備わった多機能エディタです。

『CotEditor』はAppStoreからダウンロードできます。





 

『CotEditor』で作成したファイルをWIndows『メモ帳』で表示させる

 

まず、標準のテキストエディットで作成した文章を『メモ帳』で表示させます。









改行コードが違うので改行されませんでした。

次は、『CotEditor』を使って作成した文章を『メモ帳』で表示させます。なお、『CotEditor』で保存する前に、右上の改行コードをLFからCR+LFに変更します。








改行コードを合わせたことで、改行されて表示されました。

 

最後に

 

MacとWindowsの互換性問題。これって結構あるんですよね。TXTファイルの問題は、『サクラエディタ』や『CotEditor』を使えばなんとかなります。よかったら使ってみてください。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事