こんにちは音無です。2018年1月9日にWindows8.1のメインストリームサポートが終了し、延長サポートに移行しました。今回は、メインストリームサポートと延長サポートの違い、移行することでどうなるのかを説明したいと思います。

  

メインストリームサポートと延長サポート

 



メインストリームサポートと延長サポートの違い

Windowsは最低10年間のOSサポートのサイクルで、発売後5年間は仕様変更、無償サポート、修正プログラム新規リクエストなどの主要なサポートを提供するメインストリームサポート、メインストリームサポート終了後最低5年間、バグや脆弱性の対応、有償サポートなど主にセキュリティ面のサポートを提供する延長サポートに分けられています。メインストリームサポートが終了しても一部サポートは受けられますが、延長サポートが終了すると全てのサポートが受けられなくなり、マルウェアなどのウイルス感染のリスクが高くなります。延長サポート期間は新OSへの移行推奨期間と言えます。

延長サポートに移行して変わること


受けられるサービスが以下のみとなります。

  • セキュリティ更新プログラムのサポート
  • 有償サポート
  • インシデント サポート時間制サポート
  • Answer Deskに関するアドバイス
  • Answer Deskプレミアムサポート


以下のサービスは受けられなくなります。

  • 仕様変更、新機能のリクエスト
  • 修正プログラム作成の新規リクエスト(セキュリティ関連を除く)
  • 無償サポート
  • セキュリティ更新プログラムの配信

メインストリームサポート、延長サポート期間早見表(7,8.1,10)



 

最後に

 

Windows8といえばModern UIが話題になりましたよね。従来のスタートメニューを廃し、タイル状の全画面表示のものになりましたが、デスクトップとの相性はあまりよろしくなく、どちらかといえばタッチパネルで使うことを考えたOSという面が強かったように感じます。

Windows8.1の延長サポート中に新たなOSに乗り換えることをお勧めします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事