こんにちは音無です。文書作成をするときにWord形式やExcel形式を指定されるけれども自分のPCにはOfficeが入っていないケース。特にMac、ChromeOSを使っている方には多いと思います。今回はAppleのOffice、『iWork』GoogleのOffice、『Google ドキュメント』で作成したファイルをMicrosoftOfficeの形式に変換する方法を説明します。

 

それぞれのOfficeの互換性

 

各Officeごとにファイル形式が違うため、そのまま保存しただけではMicrosoftOfficeではファイルを開くことができません。ですがiWork、Google ドキュメントともに様々なファイル形式に変換する機能があり、MicrosoftOfficeでファイルを開くことができるようになります。(MicrosoftOfficeでもファイル形式を変換する機能はありますが、今回は割愛します。)

Microsoft Office

  Word Excel PowerPoint
拡張子 .docx .xlsx .pptx
対応ファイル形式 .doc .dotx .dot .rtf
.txt .html .htm .pdf .docm
.dotm .xml .mht .dic .thmx
.xla .xlam.xls .xlsb .xlsm
.xlt .xltm .xltx .xlw .xml
.xml .xps .csv .dbf .dif
.html .htm .mht .mhtml
.ods .pdf .prn .slk .txt
.ptm.potx .ppa .ppam .pps
.ppsm .ppsx .ppt .pptm .pptx
.bmp .emf .gif .jpg .mp4.odp
.pdf .png .pot .rtf .thmx .tif
.wmf .wmv .xml .xps


Googleドキュメント

  Googleドキュメント Googleスプレッドシート Googleスライド
拡張子 .gdoc .gsheet .gslides
対応ファイル形式 .docx .odt .rtf .pdf
.txt .html(zip) .epub
.xlsx .ods .pdf
.html(zip) .csv .tsv 
.pptx .odp .pdf .txt
.jpg .png .svg


iWork

  Pages Numbers Keynote
拡張子 .pages .numbers .key
対応ファイル形式 .docx .txt .pdf
.rtf .epub
.xlsx .pdf .csv .pptx .pdf .m4v
.jpg .png .tiff HTML


 

他のOfficeのファイルをMicrosoftOfficeの形式に合わせる方法

 

Googleスプレットシート


下の画像がアップロードするファイル





ファイル→形式を指定してダウンロード→MicrosoftWord(Excel,PowerPoint)を選択してダウンロード





Wordから開くことができました。


iWork


下の画像がアップロードするファイル




1.ファイル→書き出し→Word(Excel.PowerPoint)を選択





2.書類を書き出す が表示されたらWord(Excel.PowerPoint)が選択されていることを確認して次へ





3.保存先を指定して書き出す





Wordから開くことができました。



 

最後に

 

Officeソフトで作業してるとWord形式、Excel形式指定ってよくありますよね。MacやChromeOSにはMicrosoftOfficeは標準搭載されないですし、ソフト自体高い。オンライン版のOffice Onlineがありますが機能はデスクトップ版と比べて少なめです。そう思うと文字化けや表記にズレが発生することもありますが、MicrosoftOfficeを持っていない人にとっては役に立つツールです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事