Mac初心者が押さえておくべき!トラックパッドの使い方

Macbookのトラックパッドは、Windowsのタッチパッドと比べてとても使いやすく使い慣れるとマウスが必要なくなるぐらい便利です

でも、WindowsからMacに乗り換えた時に、操作方法の違いからトラックパッドの操作に戸惑ってしまうと思います。

そこで今回は、Mac初心者が押さえておくべき!トラックパッドの操作方法と銘打って、トラックパッドの使い方を説明していきたいと思います。

 

押さえておくべき操作方法厳選

Macを使うなら必ず押さえておきたい操作方法をまとめました。

右クリック



二本指でトラックパッドを押し込むことで、右クリックになります。

なお、別途で設定をすることでWindowsと同じようにトラックパッド右側をクリックにすることができます。

スクロール



画面スクロールは、トラックパッドに二本指で上下左右に動かすことでできます。

初期設定ではスクロールの向きはスマホと同じなので、スマホ慣れしていて、パソコンに不慣れな人でも使いやすいと思います。

拡大縮小



二本指でピンチすることで、拡大縮小をすることができます。この操作もスマホと同じですね。

また、二本指でタップすることで、スマートズームをすることもできます。

ページ戻し、送り



二本指で左右にスワイプすることで、ページ戻り、ページ送りができます。

ブラウジングの時に大活躍する機能ですね!

iMacでもトラックパッドを使う方法

iMacでもMagic Trackpadを準備することで、トラックパッド操作をすることができます。

Magic TrackpadはiMacをAppleホームページ上で購入する際、iMac購入時にマウスとトラックパッドの項目を『Magic Trackpad2』にすることでiMacに同梱されます。


まとめ

今回はトラックパッドの操作方法についてまとめました。

デザインやDTM、動画編集をする方はマウスを使った方が便利だと思いますが、文章を書いたり、ネットサーフィンをするならトラックパッドで十分使えます

 

トラックパッドの使い方でわからなかったらぜひ参考にしてください。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事