Macが重い、不調|ディスクユーティリティのディスク修復でメンテナンス!

音無
最近Macが重くなったなぁ、それになんだか調子悪い。

そんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか。

このブログでも何度も申し上げていますが、Macも機械なので、定期的にメンテナンスをする必要があります。

今回は、『ディスク修復』という方法で、Macをメンテナンスをする方法をご説明します。

Macの不調が改善する!ディスク修復とは?

ディスク修復とは、MacのApp『ディスクユーティリティ』の機能で、HDD、SSD上のエラーを見つけて修復してくれるものです。

具体的に以下のトラブルを解決できます。

解決するトラブル

  • アプリが落ちる
  • ファイルの破損
  • 外部装置が正常に動作しない など

ディスク修復の方法

それではディスク修復の方法を説明します。

1.ディスクユーティリティを起動する




ディスクユーティリティを起動します。

なお、ディスクユーティリティは初期設定ではDockから起動する場合は『その他フォルダ』Finderからから起動する場合は『アプリケーション→ディスクユーティリティフォルダ』に入っています。




2.ディスクを選択して『First Aid』を選択




まず、ディスク修復をするディスクを選択します。

選択をしたら『First Aid』を選択して実行を選択します。

 注意

First Aid実行中は画面がフリーズしますが、実行のために必要な正常な動作です。First Aidが終了したらアプリケーションが応答するようになります。

まとめ

以上、ディスク修復によるMacのメンテナンス方法の解説でした。簡単なのでMacが重い、調子悪いと感じたらぜひやってみてくださいね。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事