iPhoneの便利な標準アプリ一覧|第1回連絡ツール編

iPhoneを使っているみなさん。iPhoneの標準アプリ、使いこなせていますか?

音無
たくさん標準アプリがあるけど使い方がよくわからない。

なんて方も多いかと思います。

僕も以前は標準アプリは使いずらいイメージがあってあまり使っていませんでしたが、最近になって、標準アプリの便利さに気づいてよく使うようになりました。

特に便利だなと感じているのがリマインダーアプリ。所謂To Doリストなのですが、これが結構便利なんです。

今回は連絡ツール生活お役立ちツールその他の3つの記事に分けて、便利な標準アプリの紹介をしていきたいと思います。

第1回のこの記事では連絡ツールをご紹介します。


便利な標準連絡ツールアプリ紹介

電話



電話の発着信ができるアプリです。

iPhoneの電話アプリの大きな特徴として、同一ネットワーク内で同じAppleIDが登録されている他のApple製品でも電話に出ることができます。

iPhoneから離れていても、MacやiPadが近くにあれば電話の子機として使うことができます。

メール



iOS標準のメールアプリです。

iCloudやキャリアメール以外にも、Gmailなどのフリーメールも管理することができます。

最近はアカウントとしても多くのメールアドレスを使う機会が多くなっているので、それらを管理するのに便利です。

Face Time



Appleオリジナルのテレビ電話アプリです。

iOSやMacといったApple製品同士で無料でテレビ電話(通信料除く)をすることができます。

FaceTimeは、テレビ電話以外にもオーディオ通話も可能なので、インターネット環境でApple製品同士で電話するときに便利です。

メッセージ



SMS/MMSの送受信ができるメッセージアプリです。

メッセージアプリにはステッカーという機能が搭載されており、LINEで言うところのスタンプを送受信することができます。

短文のメッセージや、SMSなどで活用する際に便利です。

連絡先



iPhoneの電話帳アプリです。

iPhoneの電話帳の特徴として、同一のAppleIDを使っているApple製品同士で連絡先を共有することができます。

他の端末でメールやFaceTimeなどを送るときに便利です。



まとめ

以上、この記事では便利な連絡ツールアプリをご紹介しました。

次の記事では生活に役立つアプリをご紹介しますね。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事