Mac App StoreからMacアプリをインストールする方法(Mojave以降)

MacOSがMojaveにアップデートされた事により、MacApp Storeがリニューアルされ、iOSのApp Storeに近いデザインになりました。

デザイン以外にもMicrosoftOfficeや、AdobeのLightroom CCなどのアプリも近日中に提供されると発表されました。

今回の記事は、新しくなったMac App StoreからのMacアプリのインストール方法を説明します。

アプリをインストール

まずはアプリをインストールする方法を説明します。

1.アプリを探す

新しいMac App Storeでは以下の方法でアプリを探すことができます。




  • ①人気アプリ、オススメアプリなど
  • ②それぞれのテーマのオススメアプリなど
  • ③カテゴリ別にアプリを探す

もし必要なアプリが明確に決まっているなら、左上の検索ボックスからもアプリを探すことができます。

2.アプリをインストールする

購入するアプリが見つかったらアプリのページに入って右上の入手をクリックします。




すると、緑色のインストールというボタンに変わるのでさらにクリックして、Apple IDパスワード(Touch ID)を入力してインストールが実行されます。

アプリをアップデートする方法

今回は手動でアプリをアップデートさせる方法を説明します。


アップデートをクリックしてアップデートをクリックすると、アップデートが実行されます。

購入済みアプリのインストール

すでに購入済みでMacにダウンロードされていないアプリのインストール方法を説明します。

左下のアカウントをクリックすると、右側に購入済みアプリが表示されます。




インストールするアプリの雲マークをクリックすることで、アプリをインストールすることができます。

まとめ

以上新しくなったMac App Storeの使い方でした。


Amazonで買い物するならPrime会員になろう!

『Amazon Prime』の特徴は、年会費3900円(月会費400円)の割にサービスが多いこと!

  • たくさんの動画が見放題!プライムビデオ
  • お急ぎ便や時間指定が無料に!

他に設けられるサービスはたくさん!最高でしょ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事