Diverレビュー|簡単に高クオリティのデザインが作れるワードプレステーマ

WordPressでサイトを作る上で悩むのは、テーマ

僕は最初、経費を抑えるために無料テーマを使っていたのですが、昨年有料テーマのDiverを購入したところ、サイトのデザインがものすごく良くなりました

CSSでテーマをいじっている人で、デザインに納得できない人には超オススメのテーマです。

今回は、Diverについてレビューしていきたいと思います。

Diverがいい理由

Diverでデメリットといえばちょっと高いところ、でもそれだけ払うだけの価値は十分にあります

というわけで、DiverのGoodなポイントを3つに絞って紹介します。

主なテーマごとの料金比較(2019/03/08現在)

テーマ名 金額 テーマ名 金額
WING(AFFINGER5) 14,800円 STORK 10,800円
SANGO 10,800円 JIN 14,800円
THE THOR 14,800円 Diver 17,980円


補助機能が秀逸

Diverの補助機能はとにかく秀逸です。

例えば・・・

音無
こんな感じな吹き出しを作ったり

こんな感じに
簡単に囲い枠を作ったりすることができます。

これ、下の画像の入力補助という機能から簡単に作成することができます




確かにCSSやPHPをいじればこういうのを作ることはできますが、それではとにかく時間がかかる!!

一度使い始めたら、これがないと、もうワードプレス使えないって思うくらい便利な機能です。

使い回しが可能




テーマによっては1つのサイトでしかテーマを使うことができない場合がありますが、Diverは使い回しが可能です。

アフィリエイターの方だと複数のサイトを運営する人も多いかと思いますが、そういう方にはうってつけではないでしょうか。

手厚いメールサポート




Diverはメールサポートが充実しています。

自分も以前、サイトの表示が崩れて相談してみたのですが、的確に解決法を教えてくれました

テーマの問題以外でも、質問すれば解決法を教えてくれるのは、大きなポイントだと思います。

Diverを使ってみて

僕自身、Diverを1年近く使っているのですが、かなりサイトのデザインがよくなりました

Diverを買う前は、無料テーマのIconic Oneを使っていたのですが、デザインを追加するためにCSSの編集していたのですが、なんで早く買わなかったんだって思うくらい、簡単にいい感じのデザインを作れます。

みなさんもDiverで、素敵なサイトを作ってみませんか?

こんな方にオススメテーマです!

  • 無料テーマから有料テーマに切り替えたい
  • CSSをいじってデザイン変えてるけど、納得いかない
  • Otoblogみたいなデザインのサイトを作りたい


スポンサーリンク
Amazonで買い物するならPrime会員になろう!

『Amazon Prime』の特徴は、年会費3900円(月会費400円)の割にサービスが多いこと!

  • たくさんの動画が見放題!プライムビデオ
  • お急ぎ便や時間指定が無料に!

他に設けられるサービスはたくさん!最高でしょ?

5月より年会費月会費共に値上げとなります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事